in pocket : ポッケの中のおもちゃ

ポッケの中のおもちゃ

ポッケの中のおもちゃ…

Eye-Fi 第07話: 無制限に撮影できるモードとアドホック転送

新しく購入した Eye-Fi Pro X2ですが、SDの容量は8GBです。最近のコンデジでも1400万画素のものがあり1ファイルで14Mバイト程度の大きさになる物があります。さらにRAW画像も保存するようにすると更に大きな容量が必要となります。
8GBは若干容量不足に感じるかもしれません。

Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G

Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G

  • 出版社/メーカー: Eye-Fi Japan
  • メディア: Personal Computers

Eye-Fi Pro X2では、ファイルの転送モードで「エンドレスモード」という転送方式が用意されています。エンドレスモードは、Eye-Fiのカードの使用量が一定の容量を超過した場合に、転送済みの画像を自動的に削除し続けて撮影ができるモードです。

eyefi-config-trans.jpg

設定は「Eye-Fiカードの設定」の転送モードを選択、エンドレスモードを使用するにチェックを付けるだけです。

先日のアドホック接続を設定したパソコンを用意して、エンドレスモードを有効にするとバッテリーの続く限り撮影を続けることができます。容量を気にする必要はありませんし、わざわざデータを転送して撮影してやカードの入れ替えをして撮影など面倒な手間がありません。

アドホック転送とエンドレスモードは、非常に面白い組み合わせだと思います。

これまでのEye-fiの記事は タグクラウド eye-fi で表示されます。

Translate »