in pocket : ポッケの中のおもちゃ

ポッケの中のおもちゃ

kobo touch

kobo touch 第二話: マーケットがダメでもePubなら…


最初からテンション低めな題名になっていますが…
ネットワーク技術者なら必ず1冊は持っているO’Reilly Mediaのオライリー本をkoboで買ってみようかな~と検索したら

kobo-desktop-01.png
最後に残った「ひとかけらの良心」で画像だけモザイクかけました

ん?! なぜ「綺麗なおねえさん」の写真集が検索結果に引っかかるんですか??

日本語書籍なら日本語検索が対応していないのかな~と思いますが、今回検索したのは「O’Reilly Media」という英語表記。
ま~多分そんなこともあるよね。Amazonも同じだよねと検索…

Amazon.png

Amazonさんごめんなさい。そうですよね「O’Reilly Media」っていったらこうなりますよね。

kobo desktop(パソコンのソフトウェア)で書籍を探すのはあきらめて、iPhoneで¥600-で購入したオライリー本のアプリをePubにしたものを kobo touch に転送してみます。
転送はパソコンにつないで、koboのフォルダーにepubファイルをコピーするだけ。この辺りはkindleと同じ方法でOKです。

kobo-epub.jpg

ちゃんとコピーできて、ePubにした元iPhoneアプリの書籍が読めました(ややこしい)。
ちなみに iPhoneアプリ(¥600-)をePubやmobi形式に変換する方法は、前に書いてますので合わせてぞどうぞ。ちなみにePubであれば kobo touchじゃなくても iPadなんかでも読めます(あっ

ePubが読めるので kobo Desktop でライブラリを保管しておきましょうかね…

kobo-desktop-02.png

あれ?! kobo Desktopはストアから買った物だけを管理するんですね。

ん~やはり kobo touchは、環境周りが整ってサービスのアップデートがあるまではLinuxガジェットとしてハックしましょうかね…


Translate »