in pocket : ポッケの中のおもちゃ

ポッケの中のおもちゃ

iPad

iPad 第二話: 長文データの入力を快適に…

iPadは、画面が大きいのでキーボードも打ちやすくなっています。外出先の利用やちょっとした入力であれば、全く問題ありません。iPhoneやiPod touchのようにチマチマ入力はありません(フリッカー入力を使うと、iPhoneでもそれほど困りませんが、全角と半角が混ざったような入力は、面倒です)。
ただ、長時間の入力や長文を入力したいなどの場合には、やはりしっかりとしたキーボードがほしくなります。
キーの出っ張りがないので、タッチタイプしにくいというのもあります。
私は、Evernoteやメモで長文を入力するときには、Bluetoothのキーボードを使っています。
使っているのは エレコム の TK-FBP013 というモデルです。

このキーボードは、Bluetooth接続でiPadでの利用も可能ですが、マルチペアに対応しており、最大9台までピアして使用できます。さらに、Windows と Mac のモード切替があり、fnキーとの入力で簡単に Win と Macの入力モードが切り替えられます。
このキーボードだけで、複数のパソコンやMac,iPadの入力キーボードに使用できます。
この9台までのマルチピアとWin/Macの切り替え便利です。この機能があったので TK-FBP013を購入しました。
ipad-20100827.jpg
自宅の Mac mini と iPadの入力は、このBluetoothキーボードになっています。

Translate »